家に住み着かれた場合

現在では、害獣駆除という言葉が一般にも広く知られる様になっていますが、聞き慣れた生き物としては、イタチなどが挙げられます。性格が凶暴で、雑食性でもあるため、農作物被害などもありますが、家の天井などに居ついてしまった場合には、フン害や家屋にも被害が及ぶ可能性をもっています。 イタチ駆除を自分で実施する場合には、カゴをセットしたり、忌避剤などを撒くなどは一般的な方法ですが、生きたままの捕獲を行った場合には、取り扱いに注意が必要になります。他にも、イタチのオスの場合には、狩猟獣に指定されていますが、メスは対象外になっていますので、その点には注意しておく様にしてください。捕獲作業についてには、ひとのからだへの危険が及ばない様に予め工夫して行うか、専門業者に作業を依頼する事をお奨めします。

イタチを捕獲する場合には、できれば専門業者に依頼する事で、駆除や捕獲後の取り扱いについても全て任せる事ができます。害獣駆除を専門に実施している業者も増えていますので、サイトなどにアクセスして、無料見積などを取る事から行ってみてください。大体の見積を出せる場合もありますが、現場調査が必要になるケースもありますので、必ず事前の詳細確認を行っておく様にしてください。全国的な展開をしている業者も見られますので、サイトで情報収集を行ってみてください。 また、現在の建物には、断熱材などが使用されている事が多くなっていますので、天井裏にイタチが住みついている場合があります。この様な場合には、家屋への被害を抑えるためにも、早めに専門業者に相談する事も大切なポイントになります。